なぜ酵素の補給が大切なのでしょうか?特に中年以降は意識して酵素を

酵素重要性

 

 

炭水化物、脂質、たんぱく質の三大栄養素は
ヒトが生命を維持するために欠かせないものです。

 

酵素も三大栄養素に加えて
ヒトの体に必要な成分であると言われています。

 

若いときは酵素もたっぷりなようですけど
どうしても年齢を重ねると減っていくので

 

酵素を補給するという考え方も大切なようです。

 

体内の酵素が足りていない状態で
いくらミネラルやビタミンを摂取しても

 

本来の働きが期待できないこともあるようですね。

 

酵素って、中心にミネラルがあり
たんぱく質がそれを取り巻いている成分のようです。

 

たんぱく質の結びつき方や
中央のミネラルの成分で酵素はそれぞれ違うわけですね。

 

現時点で、約3000種類の酵素があるそうですね。
そしてまだまだ酵素の種類は増加傾向のようです。

 

ひとつ例として調べてみましたが
唾液に含まれるアミラーゼという酵素があります。

 

このアミラーゼはたんぱく質は分解できないけれど
でんぷんを分解する能力があるようですね。

 

また、たんぱく質が分解できる酵素はプロアテーゼといいますが
こちらは逆にたんぱく質を消化することができません。

 

このように酵素ってそれぞれの成分が取り入れた栄養を
細胞の一つ一つにまで行きとどけるような働きをしたり

 

汗や体内の毒素を速やかに排出したり
食べ物の消化を助けたりなど様々な働きがあるようです。

 

 

日本盛酵素効果

 

 

便秘解消のためにもプルプルお肌のためにも
酵素って大切な働きをしているようですので

 

特に中年といわれる年齢に達したら
しっかり意識して補給していくことがポイントなのですね。

 

酵素の働きや種類は